目的別やど(宿)探し!おすすめ「キーワード」は?

契約施設数国内最多の楽天トラベルのすぐれた検索機能をフルに活用して楽しい旅行計画を練りましょう!

旅に便利な万能スペイン語9-乾杯!/¡Salud!(サルー!)

海に面したバルセロナは魚介類に恵まれた町です。

陽が少し傾き始めたころ、そぞろ歩きの街角でふと見つけたバルに入り、魚介類のピンチョス(串に刺した立ち飲み向き料理)をおつまみに、冷たいティント・デ・ベラーノ(夏の赤ワイン)で喉を潤し、周りで飲んでいる陽気なカタラン達(カタルーニアの人々)に向かって「サルー!」とグラスを上げれば、もう貴方は立派な彼らの仲間として迎えてもらえるでしょう。

旅先での温かい触れ合いのひと時のために、「サルー!」はぜひ覚えておきたい万能スペイン語です。

 

¡Salud!(サルー!)ー乾杯!

 

Saludの元の意味は「健康」です。日本でも乾杯の音頭をとるときに「健康を祝して!」とやるじゃないですか。あれと同じようなものです。

最後の”d”は発音しないのがルールです。

例えばMadrid(マドリド)も最後の”d”は発音せず「マドリ」か「マドリ―」になるようです。もっとも、真ん中の”d”の後に母音がないので、ほとんど発音されないような感じで「マ・・・リッ」と言うのが本来のネイティブの発音のようです。

 

タパスとピンチョス

 

スペインのバル(BAR)は気軽にお酒が飲めて、ちょっとした小皿料理などで空腹も満たせられる店のことです。日本の居酒屋に似ていますが、必ずしもアルコールを愉しむだけではなく、食事も愉しめる「飲食店」と言った方がよいかもしれません。

これはスペインの食習慣とも関係があるようです。

スペインの昼食は午後1時半~4時頃と日本と比べて遅く、その分夕食も午後9時から11時頃と遅くなります。そこで少しお腹が減ったときにバルタパスやピンチョスを夕食までのつなぎとして食べる習慣があるようです。

 

f:id:toratoramaru:20200606104104j:plain

 

タパスはワインやお酒を愉しむときに食べる一品料理で、通常小皿などの小さな容器に入れられています。チーズや生ハム、オリーブのようなそのまま食べられるものやイワシのマリネ、サラダ、海老のアヒージョ、魚やいかの揚げ物(フリット)、トルティージャ(オムレツ)など品数が豊富です。

 

f:id:toratoramaru:20200606104220j:plain

 

ピンチョスは元々タパスから派生したものと考えられ、タパスに出てくるような食材をより小さくして串に刺したもので、タパスよりも気軽に立ち飲みスタイルで食べられるおつまみです。味はやや濃いめになっており、喉が渇くのでその分お酒がすすむことになります。

ピンチョスと言うスペイン語は、爪楊枝や串という意味です。実際にバルで出ているピンチョスには焼き鳥のように串刺しにしたものや、爪楊枝を刺したつまみやすいものなどがあります。

 

夕方からスペインの町を散策するときには、バルをはしごしていろいろなタパスやピンチョスを食べ比べてみたいですね。

 

スペイン料理のお取り寄せ

 

 

 

楽天市場公式サイトで探す  

スペインの庶民料理(1)トルティージャ/Tortilla

別名スペイン風オムレツと呼ばれているものです。


同じスペイン語のTortillaでもトルティーヤと呼ばれるものは、メキシコなどの、トウモロコシの粉を混ぜて薄く焼いたもの(Tortilla de maiz)で、それにいろいろな具を挟んで二つ折りにしたものがタコスになります。


スペインのTortillaはじゃがいもの薄切りと玉ねぎの入った分厚いオムレツです。

他の料理と区別するためTortilla de Patatasとも言います。

ちなみに、スペイン語でPatataはじゃがいも、Batataはさつまいものことです。

<見た目>

f:id:toratoramaru:20191104080524j:plain


<食材>

じゃがいも
玉ねぎ
ニンニク

食塩 

<作り方>


じゃが芋、玉ねぎは薄切り、ニンニクは細かくみじん切りに。オリーブオイルを多めにひいたフライパンに、まずニンニクを入れてその香りをオリーブオイルに十分なじませてから、じゃがいも、玉ねぎを入れ、塩少々で味付けして、揚げるような感じで炒めめます。
じゃがいもと玉ねぎが透明になるほど炒めたら、油を切って別の容器(ざる等)に移し、残った油は卵と混ぜて焼く時に使うため残しておきます。

 

ボールに卵3~4個を割りほぐして、炒めたじゃがいも、玉ねぎを入れて混ぜ合わせ、塩少々で味付けしたのち、残しておいた油をひいて、卵と混ぜ合わせた溶液をフライパンに流し込み、中火で焼きます。
後は、だし巻き卵を作るのと同じ要領で2,3度かき混ぜ、表面とフライパンの周りがややかたまってきたら、大きめのお皿をかぶせながらフライパンを裏返します。そしてお皿に載った玉子焼きをすべらすようにして、再度フライパンに投入します。


2~3回ひっくり返して、両面が写真のようにこんがりしてきたら出来上がりです。 

<アレンジしてみよう> 

肉じゃがを適当な厚さにスライスして、卵と混ぜて焼く。
玉ねぎ、ジャガイモに、シーチキンを加えてもよし、魚肉ソーセージやベーコンなどを加えてもよし、自由自在にいろいろな食材を入れて楽しみましょう。

 

☆これは楽天市場で見つけたトルティージャ(冷凍もの)です

(写真クリック→商品情報)

自分で探してみる→楽天市場公式サイトで検索 

旅に便利な万能スペイン語8-日本・日本人/Japón・japonés(a)

スペインの街角で、「チノ?」とか「チナ?」と呼びかけられた時には、「中国人か?」と聞かれているのですが、現地の人には同じアジア系にしか見えないので、こういうことはよくあります。今回は、そんなとき簡潔に「日本人だよ」と言い返す方法についてのお話です。

ちなみに、チノは男性に対して、チナは女性に対して呼ばれる言葉で、日本人と言う場合も男性女性で表現が違うので気をつけましょう。

 

f:id:toratoramaru:20200208221815j:plain

 

日本はJapón(ハポン

 Japónは英語のJapanととてもよく似ていますね。

スペイン語J「ホタ」と発音し、母音と組み合わると次のように日本語のハ行の音になります。だからJaponという場合はハポンですね。

 Ja ハ

Ji ヒ

Ju フ

Je ヘ

Jo ホ

 

ちなみに「中国」と国名をいう場合スペイン語「China チナ」と言いますが、「中国人」と言う場合は、男性は「Chino チノ」、女性は「China チナ」なので、「チナ?」と聞かれたときは男性女性で対応が異なってきます。

「チナ?」に対して、男性の場合は、国名が聞かれたということで、「ノ、ハポン(No, Japon)、いいえ、日本だよ」と言うことで済みます。

女性の場合は、「中国か?」と「中国人か?」の区別がつかないので、「中国人か?」と聞かれていると思って、「ノ、ハポネサ(No, Japonesa)」と対応しておけば無難です。

 

 

f:id:toratoramaru:20200208221912j:plain

「日本人」は男性はjaponés(ハポネス)、女性はJaponesa(ハポネサ)

 

男性が、「チノ?」と聞かれた場合。

「ノ、ハポネス(No, japonés、いいえ、日本人です)」と答えます。

 

女性が、「チナ?」と聞かれた場合。

「ノ、ハポネサ(No, Japonesa)」と答えます。

 

ただし、「日本人ではありません」と誤解されないよう「ノ」の後に少し間を置くようにしましょう。お

また、「ノ」をつけずにシンプルに「ハポネス」と答えた方が誤解がなくて、よいかもしれません。

 

もう少し丁寧に言いたい場合は、

 

「ソイ ハポネス(Soy japonés) 、私は日本人です」と言ってもいいでしょう。

Soyは英語のbe動詞と同じように「私は~です」を表す1人称の動詞です。主語がなくてもSoyだけで1人称であることが分かるので、主語を省略してこのように言えます。

 

エス、ノー(Si、No)及び名詞の男性形、女性形については、このシリーズの4,5に解説しています。 

 


    
《楽天トラベル公式サイトで検索》